シネマ・コンサート開催記念
特別インタビュー

「映画より撮影現場の方が厳しかった!」

『八甲田山』シネマ・コンサート開催直前スペシャル・インタビュー!
実は出演していた....大竹まことが語る過酷すぎる撮影現場とは!?

日本映画史に残る傑作『八甲田山』がシネマ・コンサートになって、来春 1月14 日(月・祝) に東京・NHK ホールにて開催される。新田次郎の名著「八甲田山死の彷徨」を元に、明治35年(1902)に真冬 の八甲田山中で199名の犠牲者を出した実際の遭難事件を映画化した。
高倉健、北大路欣也、加山 雄三、三國連太郎に緒形拳といった錚々たるスター俳優たちが参加した同作に、なんと大竹まことも出演している。
ロケーションには事件当時とほぼ同じ気象条件の元、雪の八甲田山で行われ、あまりの寒さに逃げ出した俳優もいたという。
そんな過酷すぎる現場を、大竹まことが撮影当時を振り返る。

「最初に言っとくけど、俺はエキストラに毛が生えたような役だからね(笑)」。

- 風間杜夫も所属していた 劇団「表現劇場」の仲間らと共に映画『八甲田山』のロケに参加した。大竹まことは輸送隊員Cという役名で。12月31日に夜汽車に乗せられ青森市・酸ヶ湯温泉の旅館に着き、翌朝には床屋が 2人待機していて全員が坊主頭に刈られた。

「俺たち兵隊の衣装は戦争中(日露戦争の頃)と同じでペラッペラなわけさ。その時点で 70 年ぐらい前の靴履かされるんだよ」。

- 映画では、凍傷対策にと靴下に唐辛子をまぶして靴を履くシーンがあるが、実 際の現場でも同じ事をしたという。ロケは毎朝、宿舎を出て 1〜3 時間ぐらい歩いて現場に行く。ただ、着いてもすぐ 撮影に入る訳ではなく、ひたすら声がかかるまで極寒の中、待ち続ける。

「エラい俳優さんたちは雪上車だけど、俺たちは歩き。で、出番まで待つ。あんまり寒いもんだから、雪に穴掘って潜って顔だけ出して待つんだよ(笑)」。

- 昼間ですら寒いのに夜間撮影となると想像を絶するものがある。

「この明るさで撮れんのかよという中で撮影してた。そんな中、風速30mの吹雪を起こす機械回すんだよ、ただでさえ寒いのに」。

青森歩兵第五連隊の最初の犠牲者役を演じた

映画で最初の犠牲者となるのが大竹まことだ。服が汗で濡れ、それが凍って凍死するという役だ。気がおかしくなって雪中に裸になって死ぬ役と巷間、言われているが、それは大竹ではない。もっとも本人はあまり覚えてないようで「俺は北大路欣也さんのそばで死んだような気がする...」と言う。

ただ本人の記憶違いでなければ「俺、いちばん最初には死ぬんだけど、その後も出てたような気がする。だって撮影は最後までいたしなぁ」と仰天告白まで飛び出した。

監督や木村大作からお小遣いもらう?!

撮影中は同じ劇団の堀礼文(ほりれもん)と行動を共にする事が多かった。後に映画『犬死にせしもの』(1986)撮影中に自死した大竹の役者仲間の盟友だ。大竹にとって『八甲田山』への出演は、堀との交遊がいちばん思い出に残っているという。

ある日、ひとつのカットの撮影が終わり、次のカットは遥か彼方にある山頂だと言われる。雪中でたいへんな思いをしている中、さらに遠くへ行けと指示される。頭にきた大竹と堀は遮二無二、登って山頂に一番乗りで着いた。その馬鹿げたエネルギーに感心した森谷監督と木村大作が、5万円づつ、お小遣いをくれた。結局、その夜は飲みに行って翌朝は遅刻したそうだ。「上に立つ人が、ちゃんと範を示してくれた現場だった」と思い返す。

緒形拳 は大丈夫か?と声をかけてくれたり、三國連太郎は肉を差し入れてくれた。もっとも高倉健は寒くても焚き火に近づかなかったため、大竹たちも暖をとりに行けずに大いに困ったそうだが。

八甲田山シネマ・コンサートに向けて

1大竹はTV 版の「八甲田山」(1978年放送)にも出演している。映画とTV の両方に出演した唯一の俳優だ。
「現場のほうが映画よりもっと厳しかったです」と言い切るほどの、過酷な撮影現場であったため、『八甲田山』で役者に見切りをつけたと告白。以降はコメディアンに転じ、きたろう、斉木しげるらとシティボーイズを結成する。

来春開かれる『八甲田山』シネマ・コンサートについては、「芥川也寸志さんの書いたメロディは、聴いてるだけでも寒くなってくる。ホントにいい音楽だから、生のオーケストラで聴けば体感温度も下がって、映画を楽しめる事でしょう」と期待を寄せる。

『八甲田山』シネマ・コンサートは、映画のセリフや効果音はそのままに巨大なスクリーンに本編を上映しながら、芥川也寸志の書いたスコアを東京交響楽団が生で演奏するコンサート。
映像は撮影の木村大作が新たに監修したデ ジタル・リマスタリング版で上映されるので、今まで見たことのない『八甲田山』が体験できる。

又、大竹まことのインタビューは、12月22 日(土)・1月5日(土)深夜1:00~BS 朝日「japan ぐる~ヴ」にて放送される。