ENNIO MORRICONE TheOfficial Concert Celebration Curated by Ennio Morricone

ABOUT

公演について

世界初演!
映画音楽の巨匠エンニオ・モリコーネの
オリジナルスコアが大スクリーンの映像とともによみがえる!
豪華エンターテインメント・ショーが、ここ日本に初上陸!

世界的な映画音楽の巨匠、イタリアのマエストロ、エンニオ・モリコーネ。オフィシャル・トリビュート・コンサートの開催が決定!

代表作「続・夕陽のガンマン」「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ」「アンタッチャブル」「ミッション」「ニュー・シネマ・パラダイス」「海の上のピアニスト」「マレーナ」「ヘイトフル・エイト」等、数々の名曲を生み出したエンニオ・モリコーネ。没後2年にあたる今年2022年、エンニオのオリジナルスコアが、息子アンドレア・モリコーネの指揮の元、エンニオと長く活動を共にしたミュージシャン、選ばれたソリスト、そして、コーラスを含めた総勢140名のフル・オーケストラの生演奏でよみがえります!
また、迫力の大スクリーンには、映画の名シーンの数々はもちろん、これまで世に出たことのないエンニオのバックステージの姿やインタビュー映像など、貴重な秘蔵映像も初公開!
さらに、この東京公演が、ワールド・ツアーに先駆けて世界初演ワールド・プレミアとなります!

最高に贅沢な感動の音楽体験を是非この機会に存分にお楽しみください!

PROGRAM

  • 『続・夕陽のガンマン』(1967)
  • 『ワンス・アポン・ア・タイム・
    イン・アメリカ』(1984)
  • 『アンタッチャブル』(1987)
  • 『ミッション』(1987)
  • 『ニュー・シネマ・パラダイス』(1989)
  • 『海の上のピアニスト』(1999)
  • 『マレーナ』(2001)
  • 『ヘイトフル・エイト』(2016)ほか
  • ※曲目は変更になる可能性がございます。
  • ※(  )=日本公開年

MOVIE

PHOTO

MESSAGE

メッセージ

石丸幹二(歌手・俳優)
僕の人生のかたわらには、いつもモリコーネがいて、音楽の彩りを添えてくれた。
不意を突き、メロディーの切れ端が耳に届くとき、僕の涙腺は、なすすべもなく、ゆるんでしまう。
あたかもアルバムのページを繰るように、あの時この時の情景を思い起こしながら、いつしか彼のメロディーを口ずさむのだ。
岩代太郎(作曲家)
音楽家の名前が、「ジャンル」として認識されるほどの人物は、数百年に及ぶ音楽史においても、極めて限られた存在である。
バッハも、モーツァルトも、ベートーベンも、ワーグナーも、もはや作曲家名ではなく、「ジャンル」だと思えるのだ。 この定義はクラシックに限らない。マイルス・デイビスも、ビートルズも、マイケル・ジャクソンも、パット・メセニーも、アンドルー・ロイド・ウェバーも、冨田勲も、「ジャンル」となった音楽家だと私は思っている。
これほどの存在感を世界に放ち、時代と共に軌跡を刻む音楽家たちは、当然だが後世にも多大なる影響を及ぼす。
このたびライヴ・コンサートで満喫できる「エンニオ・モリコーネ」も、紛れもなく「ジャンル」となった音楽家である。かく言う私も無論、彼の虜となり、影響を受け、数えきれない感動を覚え、遥か彼方に見える彼の背中を追い続けながら今日まで頑張ってきた。そして、きっと追い続けたまま、作曲家人生の終止線を書き下ろすことになるだろう。あまりにも偉大な存在である。
日頃、映画音楽を主戦場としている私が、ベスト・フィルムとして常にリスト・アップしているのが、「Once Upon a Time in America」である。
余談だが今から40年前、「Once Upon a Time in America」が日本で劇場公開された頃、ボクは今より30キロも痩せていた。スリムな体型だったボクがニヤリと微笑んだ表情が、本作品のラスト・シーンを飾る主役ヌードルス(ロバート・デ・ニーロ)の笑顔と瓜二つだよ、などと周囲の映画ファンから担がれたのも、私がこの作品の虜になった動機の一つかもしれない。少々、動機としては不純だと自覚している。ともあれ、不朽の名作「Once Upon a Time in America」が劇場公開された折、私は浪人生だった。東京芸術大学への入学を果たせず、受験勉強に明け暮れていた最中にも関わらず、いそいそと映画館へ足を運んだ。当時から「映画音楽」というジャンルに魅了されてはいたが、「映画音楽」を熱心に勉強していなかった為、「映画音楽」に関する知識を蓄えてはいなかった。だから、本作の劇中曲である「アマポーラ」も、モリコーネ自身の作曲によるものだと勘違いしていたほどである。のちに、モリコーネの自作品ではないと知った折には、改めて舌を巻いた。劇中における数多の「オリジナル・スコア」と「アマポーラ」の出来栄え、統一性には一切の違和感もなく、一映画作品の中で見事なほどに共鳴・共存させているモリコーネの腕前にも感嘆した。そのセンスは実に華麗だと思う。
 「Once Upon a Time in America」の感動から約25年後のことだった。私が映画監督のジョン・ウー氏と撮影の合間に雑談を交わしていた折のエピソードを以下に記したいと思う。
 「ジョン、駄作な映画作品では、やっぱり映画音楽の出来栄えもイマイチと言う事になりますよね。逆に申し上げれば、出来栄えの良い映画作品には、素晴らしい映画音楽が寄り添っているものですよね。」
と語り掛けると、彼はニヤニヤしながら返答してくれた。
「基本はそうだろうから、私の作品が名作になるよう、太郎も素晴らしい映画音楽を創って欲しい。ただ例外な映画作品も私は知っているよ。」
「それは、何の作品ですか。」
「数少ない例外の映画作品は、『Mission』だよ。」
私は思わず、相槌を打った。
「映画は大したことなかったが、モリコーネの音楽は一流だった。あの映画は、映画音楽だけ歴史に残る名作だと思う。」
とジョン・ウー氏は語った。
 その後の3年間、「Red Cliff Part 1&2」の制作を彼と御一緒させて戴いた私が、心密かに目指したのは、言うまでもなく憧れの映画音楽「Once Upon a Time in America」だった。
 ここで少しだけ、専門的な私見を述べたいと思う。映画音楽は時代性の影響を強く受ける。もちろん時代性に左右されず、作曲家の独自性が突出している映画音楽も垣間見られるが、おおむね時代と共に、その姿・形を変容させていくのも映画音楽ならではの魅力だと思っている。
 現在、映画音楽の主流を成す音楽性は、決してメロディアスに歌い上げるスコアではない。どちらかと言えば、音響楽的な響きや独自の音質感、さらには音楽と音響の狭間に位置するようなスコアが、次々と新陳代謝を繰り返し乍ら創り出されている。ゆえに、一度聴いたら忘れられない。すぐにでも口ずさみたくなるメロディー。オーケストラの優美な響き。豊潤な音色。などといったアプローチは、やや時代遅れのように受け取られるかもしれない。さらには、現在の映画界で、そういった映画音楽を作曲家に発注する映画監督やプロデューサー自身も、微かな躊躇いを覚えるかもしれない。それほど、この20年ほどで時代は変わった、と私は受け止めている。
だが先にも述べたように、エンニオ・モリコーネは「ジャンル」である。時代や映画界がどう変化しようがしまいが、彼の佇まいそのものが「ジャンル」として歴史に刻まれている。ゆえに今でも彼が存命で、新作映画の音楽を手掛けるとしても、きっと時代性に翻弄されず、微動だにせず、「エンニオ・モリコーネ」というジャンルを綴り奏でることだろう。
 「エンニオ・モリコーネ」というジャンルは、永遠に音楽史を彩る。そして今でも私が追いかけている彼の背中は、時を追うごとに、ますます遥か彼方へと遠ざかっている。
服部隆之(作曲家)
「夕陽のガンマン」では荒野を舞台にヒリヒリする様な男達の生き様を描き出し、マカロニウエスタンの音楽的規範を確立した。
「ニュー・シネマ・パラダイス」では映画愛を軸に、老人と少年の絆を心暖まるメロディーで表現した。
そして、「アンタッチャブル」に於いては禁酒法時代に対峙するアル・カポネとエリオット・ネス捜査官の丁々発止を、緊張感のある腹黒いサウンドで盛り上げた。
映画にとことん寄り添う音楽。
万人の心に響く音楽でありながら唯一無二のオリジナリティーを必ず感じられる絶妙な匙加減。
脈々と受け継がれるイタリアの枠を体現している文化遺産の如き映画音楽を生演奏で聴く機会は正に千載一遇である
布施明(歌手)
あゝ 胸が痛い。
映画「海の上のピアニスト」。
船上で生まれ、母を知らずに育ち、一度も土を踏んだ事のない、天才ピアニストの物語り。
私の一番弱い音楽家の悲しい話し、作品を包み込む、あまりにも切なく、美しいそのメロディーを思い出すだけで、また、胸が痛い。
二年前の夏に天国に召されたマエストロ、エンニオ・モリコーネの心の作品に、涙ばかりだったあの日が甦る。
船山基紀(作編曲家)
何度観たことであろう「ニュー・シネマ・パラダイス」そして「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ」。
なんと美しいメロディー。子供の頃ひたすら追い求めた「メロディー」がそこにあった。そしてこの二作品のモリコーネサウンドは、いまだ私の教科書である。
今回この素晴らしい音楽を映像とともに目の当たりにできる幸せ。
心ゆくまで楽しみたい。

OUTLINE

公演概要

Ennio Morricone - The Official Concert Celebration in JAPAN
エンニオ・モリコーネ
『オフィシャル・コンサート・セレブレーション』

日時
  • 2022年11月5日(土)

    16:00開場/17:00開演

  • 2022年11月6日(日)

    【昼】11:00開場/12:00開演
    【夜】15:30開場/16:30開演

会場
東京国際フォーラム・ホールA
アクセス

有楽町駅より徒歩1分
東京駅より徒歩5分 (京葉線東京駅とB1F地下コンコースにて連絡)

地下鉄
有楽町線:有楽町駅(B1F地下コンコースにて連絡)
千代田線:二重橋前駅より徒歩5分/日比谷駅より徒歩7分
丸ノ内線:銀座駅より徒歩5分
銀座線 :銀座駅より徒歩7分/京橋駅より徒歩7分
三田線 :日比谷駅より徒歩5分

TICKET

チケット

料金

S席:¥15,000 / A席:¥13,000 / 学生席:¥5,000

  • *全席指定・税込
  • *未就学児入場不可
  • ※学生席について:
    学生シートは一般発売より発売します。
    対象は大学生・専門学生以下とさせて頂きます。
    当日窓口にて座席券と引換えをして、ご入場頂けます。
    座席はお選び頂くことが出来ません。
    当日ご本人様が確認できる『学生証』をお持ち下さい。
公演に
関する
お問合せ

CAST

出演者

指揮:アンドレア・モリコーネ

指揮:アンドレア・モリコーネ

イタリア出身。映画音楽を中心とした作曲家、兼、指揮者。
作曲、指揮の両分野で豊富な経験を持ち、クラシックやコンテンポラリーから、映画音楽やクロスオーバー楽曲まであらゆるジャンルの楽曲を手掛ける。

代表作は、イタリア映画『ニュー・シネマ・パラダイス』の「愛のテーマ」。彼の父親であるエンニオ・モリコーネとの共同作品で、英国アカデミー賞作曲賞を受賞した。
また、作曲活動だけでなく、ロサンゼルスからモスクワ、ロンドンからベネズエラまで、世界中で多くのコンサートを行い、スティング、アンドレア・ボチェッリ、ジョシュ・グローバン、ヨーヨー・マなど、多くのアーティストと共演。

2015年ミラノ国際博覧会のテーマソングを作曲、アンドレア・ボチェッリが歌唱。
2020年スペイン王室より招待され、父親エンニオ・モリコーネのトリビュートコンサートを開催。
2022年11月からワールド・ツアーが始まる『エンニオ・モリコーネ – オフィシャル・コンサート・セレブレーション』の主任指揮者。

オーケストラ:東京フィルハーモニー交響楽団

オーケストラ:東京フィルハーモニー交響楽団
1911年創立。日本のオーケストラとして最古の歴史をもち、メンバー約160名、シンフォニーオーケストラと劇場オーケストラの両機能を併せもつ。名誉音楽監督チョン・ミョンフン、首席指揮者アンドレア・バッティストーニ、特別客演指揮者ミハイル・プレトニョフ。自主公演の他、新国立劇場他でのオペラ・バレエ演奏、NHK他における放送演奏で高水準の演奏活動を展開。また、海外公演も積極的に行い、国内外から高い注目を集めている。
1989年からBunkamuraオーチャードホールとフランチャイズ契約を結んでいる。東京都文京区、千葉県千葉市、長野県軽井沢町、新潟県長岡市と事業提携を結び、各地域との教育的、創造的な文化交流を行っている。
公式ウェブサイト:https://www.tpo.or.jp/

ピアノ:レアンドロ・ピッチョーニ

ピアノ:レアンドロ・ピッチョーニ
2001年からエンニオ・モリコーネと共演、2015年にエンニオのオフィシャル・ピアニスト/キーボーディストとなる。
エンニオとともに、世界中のオーケストラとコンサートやレコーディングを行う。

ドラム:マッシモ・ダゴスティーノ

ドラム:マッシモ・ダゴスティーノ
テレビ番組やラジオなどでの演奏や、映画や劇場などのサウンドトラックのレコーディングに参加。『ウエスト・サイド・ストーリー』など有名なミュージカル作品でも活躍している。

ベース:ナンニ・チヴィテンガ

ベース:ナンニ・チヴィテンガ
1975年にプロのミュージシャンとして活動を開始。それ以来、数多くのレコーディングや映画のサウンドトラックの制作に参加。
1978年エンニオ・モリコーネとの共演以降、エレクトリック・ベースが登場する全ての映画のサウンドトラックに参加している。

ギター:ロッコ・ジファレッリ

ギター:ロッコ・ジファレッリ
エンニオ・モリコーネのギタリストとして23年間ともに活躍。
エンニオの代表作品のレコーディングや世界中のコンサートに参加。

ソプラノ:ヴィットリアーナ・デ・アミーチス

ソプラノ:ヴィットリアーナ・デ・アミーチス
若くして様々な指揮者と共演、ヨーロッパ全土で演奏を行う。
『エンニオ・モリコーネ – オフィシャル・コンサート・セレブレーション』のソプラノを担当する。

合唱指揮:ステファノ・クッチ

合唱指揮:ステファノ・クッチ
ピアニスト、作曲家、兼、合唱団やオーケストラのディレクター。国際的な合唱団と多く共演。
2002年以降、エンニオ・モリコーネとの共演をきっかけに、彼のワールド・ツアーのためにオーケストラ及び合唱団をマネジメントした。

合唱:GLORY CHORUS TOKYO

ENNIO MORRICONE TheOfficial Concert Celebration Curated by Ennio Morricone Official Website